調剤薬局に就職・転職をお考えの方は参考にしてください!

調剤薬局薬剤師の求人・仕事は?

以前は病院の窓口で薬を受け取っていましたが、現在では医療機関が
発行する処方箋に従って調剤薬局が薬を提供しています。

分業した目的は、より早く確実に薬を提供することにあり、
病院提携の薬局であれば、自宅近くなど、自分の好きなところで
薬を受け取ることができます。

病院で診察を受けてから薬局で薬を受け取るまでの流れは、次の通りです。
訪問看護師にはどういったことが期待されているのか

病院の診察後、診療代を支払い、薬の処方箋を受け取ります。
病院のスタッフに自分が受取りたい薬局名を伝えると、先方に処方箋を
ファックス送信してくれますので、受け取りがスムーズになります。

調剤薬局の窓口に処方箋を提出します。
この時、「お薬手帳」を持っている方は忘れずに提出するようにしましょう。

「お薬手帳」には、医療機関で処方された薬の情報が全て記載されて
います。効果の高い薬であっても、組み合わせによっては副作用がおきる
おそれもあり、服用期間が長いほどリスクが高まります。

薬剤師は、基本的に医療機関が発行する処方箋に従って薬を用意します。
ただし、現在服用中の薬と合わない薬が処方されていた場合、医師と
連絡をとり、薬の種類を変更することもあります。

薬剤師には薬の専門知識が求められ、次々と開発される新薬に対しても
勉強する姿勢が求められます。研修会等に積極的に参加して、
スキルを高めましょう。

処方箋に基き、薬の種類、分量などを確認し、正確に用意するだけでなく、
「服用中の薬に問題はないか、薬効は表れているのか」など、会話をもと
に症状をよみとり、より効果的な利用が出来るように配慮することも
薬剤師の大切な仕事です。

会計を済ませて薬を渡す際には、「お薬手帳」にもシールを貼付し、
最後に処方箋の内容をデータ保存して一連の作業は終了です。

調剤薬局の薬剤師は、処方された薬を安全に・効果的に服用できるように
アドバイスする薬の専門家です。薬を調剤して渡すだけでなく、
飲みやすい薬の服用方法を指導したり、正しい保管方法を教えるなども
大切な仕事です。

薬剤師の転職回数、多いとマズイ?

1度も転職をせずに定年まで働き続ける人は稀です。 業務内容や人間関係、雇用条件、勤務時間に対する不満・ストレスで1~2回転職をしたことがある人が大半かと思います。

これから転職活動をする人にとって、転職した回数がネックにならないか気になるところですよね。

転職回数は薬剤師に限らず、どのような職種でも『転職回数が多いと不利になる』と思われてがちですが、実は企業側はそこまで転職回数を重要視していない傾向にあります。

企業はスキルさえあれば必要な人材として認めてくれるので、過剰に転職回数を気にしなくてもいいでしょう。

採用において、転職回数よりも『理由』のほうが重視されるので、誰が聞いても納得できる退職理由ならば転職回数が不利になることはありません。

多くの人は職場の環境に対する不満が退職理由なので、転職先で同じ過ちを繰り返さない為にも事前の調査が大切になってきます。

とはいえ、1人の力では職場の環境まで深く知ることができないので、薬剤師専門の転職エージェントを利用するとスムーズです。

人材紹介サービスを行っているサイトに登録すると、転職のプロフェッショナルによる個々に合ったサポートを受けることができ、履歴書の書き方から面接対策までしっかりサポートしてくれます。

また、あなたの希望条件を伝えると、最適な職場を探してもらえますし、一般には公開されていない非公開求人の情報を入手できることもあります。 次の職場で同じ失敗をしない為にも、事前に不安を解消し、給与などの交渉も代わりに行ってれるので安心です。

専門的な職種である薬剤師は特に、一般の求人媒体だけでは良い求人情報に巡り合える確率が低いので、転職エージェントやコンサルタントを利用して効率よく転職活動を行うといいでしょう。

転職回数はさほどネックにならないと紹介しましたが、多いよりも少ないに越したことはありません。 採用されたら長く働き続ける覚悟で転職活動を行って下さいね。

薬剤師の面接時の身だしなみ

転職活動を始める前に、自分がどのような薬剤師になりたいのかを明確化し、それに適した職場に採用させる為に努力することが大切です。

TOEICなどの資格を取得することも重要ですが、面接時において大切なポイントは他にもあります。

面接時は部屋に入った時から良い印象を与えられるように、服装にも気を配りましょう。 服装は第一印象を左右するので、清潔感のない服装で面接に行くと『そういう性格』だと判断されかねません。

面接官に健康・誠実・清潔感のある印象を与える為にも、サイズの合った綺麗なスーツを着用して下さい。

サイズが合っていないと着こなしが不自然ですし、ヨレていると相手に対して不快感を与えかねないので、スーツなら何でも大丈夫というわけではないのです。

面接の短い時間で性格までも判断するのは困難なので、外見の印象がとても重要になってきます。

ジャストサイズのスーツを着用し、派手な色は避けて黒や茶系、グレーなどを選び、シャツの色も落ち着きのある色にして、アイロンをかけてシワを伸ばしておきます。

男性ならパンツの折れ目をしっかり付いたものにし、女性なら膝丈のスカートにシワがシワがついていないか確認しましょう。 靴も重要なポイントなので、高いヒールは控えて、綺麗に磨いておくことが大切です。

服装以外にも、ひげ、髪型、爪、化粧も気を配る必要があります。 耳が出ているか、前髪が目にかからないか、爪が伸びていないか、ひげが生えていないかなど、自分が企業側ならどのような人材を採用するのかを考えて、鏡の前に立ってチェックして下さい。

面接は履歴書だけではわからない内面を確認されます。 健康・誠実・清潔感のある良い印象を与えられてこそ、就職・転職に成功できると言っても過言ではありません。

薬剤師でなくても面接では緊張してしまうものなので、どのような質問をされるのかをシミュレーションし、本番で最大限にアピールできるように努めましょう。