薬剤師の資格があれば年収1000万は夢ではありません!

薬剤師資格で年収1000万円は実現可能か?

薬剤師というと安定した収入を得ることの出来る職業というイメージが
ありますよね。しかし、実際のところ所謂「高給取り」という存在かと
いうと、少々難しい部分があります。

現実に目を向けてみると、調剤薬局薬剤師求人などで年収1000万円を超えるのは難しく、病院や薬局で勤務している以上は、この年収を実現するのは困難という のが実状です。

但し、一般的に薬剤師の仕事として認知されている「調剤業務」に
こだわらず、他の分野に目を向けるのであれば、年収1000万円という
数字はあながち不可能なものでもありません。

例えば、最も実現性が高い方法として挙げられるのが、製薬メーカーへ
勤めるというものです。

大手製薬メーカーのMR(メディカル・リプレゼンタティブ)として
活躍した場合、30代40代で年収1000万円という収入を得ることが可能です。

しかしながら、MRの仕事は非常に求められる能力が高く、薬剤師の資格
ののみならず、日常会話やビジネスに支障が出ない程度の英語力や、
担当する医師の指示や思惑を正しく理解できる医学知識、高いコミュニ
ケーション力などが必要となりますので、製薬メーカーに就職できたから
と言って、高収入が得られるという訳でないことを覚悟しなければなりません。

もう一つの方法は「僻地の薬局やドラックストアへ勤務する」という
ものです。薬剤師の給与というものは、意外に思われるかもしれませんが
「需要と供給」である程度決まります。

そのため、薬剤師の多く働く都市部では平均給与が低く、地方に行けば
いくほど給与が高くなるという傾向にあるのです。

地方の僻地ともなれば、都市部では考えられないような好条件の求人も
少なくなく、「新卒初任給 年収600万円 住宅手当付 実質年収700万円程度」
という案件も、そう珍しくありません。

しかもこの条件でありながら、MRのように高いレベルを要求される事はなく
「薬剤師免許を取得している」というだけで、応募が可能です。

薬剤師として高い報酬を得たいと考える方は、今回ご紹介した方法を
参考にされてみて下さいね。