薬剤師の気になる初任給はいかほど?!

薬剤師の初任給はどのくらい?!

現在は、様々な医療施設や病院、ドラッグストアなどで薬剤師が募集され
ています。このような現状の中、それぞれの職場によって収入が変わって
くるのは、致し方ないといえます。

とはいえ、薬剤師の初任給は、これから働く人とって気になるポイントの
1つです。それでは、詳しくみていくことにしましょう。

ここでご紹介する初任給の金額は、あくまでも平均金額であり、
どの職場にも当てはまるわけではありませんが、2012年に人事院が
調査した結果によると、月給約23万円であったようです。

これは、他の職業と比較すると、5万円~10万円前後高い金額となって
いることから、恵まれた給与であることが分かります。ただし、地方都市へ
行くと、薬剤師の初任給がもっと高額になることもあるようです。

なぜなら、近年の薬剤師業界の傾向として、都心部でも特に条件が良い
調剤薬局や院内薬局に人が集まり、地方都市は慢性的な薬剤師不足に
陥っているからです。

そのため、少しでも人を集めようとして、厚待遇で薬剤師の募集を
かけているところが、非常に多いのが現状だといえます。ただし、
いずれ薬剤師の人数が十分揃ってくれば、厚待遇で募集がかかることは
少なくなってくるでしょう。

ちなみに、調剤薬局の場合、薬局長で48万円前後、中堅の薬剤師で
35万円程度の月給であるのが現状だといわれています。これが、
製薬会社勤務や大学院などでの研究職となると、また大きく変わって
くるようです。

特に製薬会社は、薬剤師の仕事の中でも花形の職業ですので、
配属された部署によっては年収1千万円以上も夢ではありません。
一方、研究職となると、非常に安月給であるため、アルバイトなどを
掛け持ちする薬剤師も珍しくないといえます。

同じ研究職でも、製薬会社の新薬の開発や研究となれば、初任給でも
高額な給料が期待できますが、かなりの学歴がなければ就くことができない
職業ですので、あまり現実的な話ではありません。

以上、薬剤師の初任給についてご紹介しましたが、職場などによって
違いはあるにしろ、基本的には給料の面で大変恵まれており、
高額な初任給が期待できる職業だといえそうです。