臨床開発モニターへ転職を考えている方は必見です

薬剤師に注目されている臨床開発モニターの仕事とは?!

薬剤師がよりキャリアを積むことや、高収入を得ることを考えた際、
臨床開発モニターへの転職を考えることがあるようです。それでは、
薬剤師に注目されている臨床開発モニターの仕事の概要、
業務内容についてご紹介していくことにしましょう。

そもそも、臨床開発モニターは製薬会社での勤務となり、
臨床開発試験の実施に関わる治験の契約をまとめたり、治験が終わった
後の手続きなどを行う仕事です。

基本的に、薬剤師ではなくとも勤めることが可能な職業ではありますが、
治験では様々な新薬を扱うことから、薬剤師としての経験やスキルを
生かすことができる仕事であるといわれています。

では次に、臨床開発モニターの業務内容についてご紹介していくことに
しましょう。臨床開発モニターは、専門用語でCRAとも呼ばれていますが、
業務内容は大きく分けると3つあります。

治験前に行う業務、治験中に行う業務、治験後に行う業務の3つです。
まず、治験前に行う業務ですが、ほとんどが治験実施準備に関する事柄と
なります。

例えば、治験を行う医療機関が適格か確認したり、治験担当スタッフへ
概要を説明したり、責任ドクターを選んだりといった具合です。

次に、治験中の業務内容についてですが、臨床開発モニターの仕事の中
でも最も重要だといわれている、モニタリングがあります。それから、
報告書の作成、治験の進行状況の確認も行わなければならないため、
多忙を極めます。

最後の治験終了後の業務についてですが、関係書類の回収や治験後の
後片付けがメインとなるようです。また、治験実施に関わったスタッフや、
医師などの医療関係者に無事終了したことを伝えるもの業務の中の1つです。

このように見ていくと、大変忙しい仕事ではありますが、やはり薬剤師と
しての経験があった方が、より極め細かな対応ができるといえそうです。

以上、臨床開発モニターについてご紹介しましたが、つまるところ新薬の
開発の最終段階に直接関わることができる、責任ある仕事だということが
できるでしょう。

その分、待遇や収入面でも恵まれているといえますので、
これからも臨床開発モニターを目指す人が増えていくかもしれません。