薬剤師ってお給料良いって聞くけど実際はどう?

他の業種と比較して高水準な薬剤師の月収

インターネットで調べてみたら薬剤師の平均月収は約37万円になって
いましたが、他の業種と比較すると高水準な月収だと思います。
ここでは薬他の業種と比較しても凄く高水準である薬剤師の月収に
ついて説明をしたいと思います。

薬剤師の平均月収から推定年収を算出してみるとボーナスを含めて
約529万円となり、平均時給で換算すると2,154円になります。

なかなか収入が増加していない世の中ですが、数字だけ見てみると
薬剤師の場合過去10年間の収入推移は安定的に増えてきている
魅力的な業種だと考えられます。

薬剤師という職業はとても安定感があり、稼げる職業と言って良いです。
だからこそ薬剤師を目指す人たちが増えてきているのもうなずけますね。
先見の明がある人は薬剤師を目指しているようです。

勤務先毎に区分をしてみて年収の目安をまとめてみました。
調剤薬局や病院では約400万から650万円になります。
ドラッグストアの店長クラスでは約400万から700万円以上になります。

製薬会社では約450万から800万円以上ですが、これは成果主義による
営業職の場合です。

もっとも仕事をしている人数が多いのは調剤薬局とドラッグストア
――店舗勤務の薬剤師のスタイルです。
調剤薬局の薬剤師年収は400万円からで、勤続3年目では500万円程度
もらえるケースもあるようです。

ドラッグストアの場合はチェーン店によって大きく違うようですね。
始めは調剤薬局と同じ400万程度からスタートしますが、店長クラスに
なると年収が700万円を越える場合も珍しくありません。

製薬会社は常に高給待遇ですが採用は凄く少なくて大部分が営業職での採用です。
成果主義で掲載されており、営業職では薬剤師の資格が必要とは限りません。

以上、高水準な薬剤師の月収について説明をしました。
製薬会社の営業職は薬剤師本来の仕事をするのではないですから、
就職する場合にはちょっと考えた方が良いでしょう。